読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ACM-ICPC アジアつくば大会 2015参加記

1日目

スタッフから英語でしか話しかけられなくてビビる
練習セッションの結果キーボードのEndがつらいという話になる。EndをBackSpaceとして使えるようにした
JavaChallengeは基本的な戦略は逃げで、逃げる先は反復深化で決めるみたいなAIを書いたけど、デバッグ出力をcoutに出しているのに気付かないで死んでた。もうちょっとやりたかった
チーム紹介は前でふらふら立っているだけだった
宿舎は水の落ちる音、廊下の音、バイクの音が聞こえてきて1時間ぐらい眠れなかった

2日目

コンテストはAから嘘解法を生やしただけでなく人から問題を奪ったしダメだった
A通した後ずっとCを担当してて、kステップでvからuへ到達できるかみたいな処理を再帰で書いたけど何故かTLEになってずっと悩んでた。隣接行列を累乗する方針にしたらTLEはなくなったけどWAが出続けた
唯一の1完でコンテストが終わってしまった
再帰でTLEしたのはメモ化を忘れていて、行列累乗は懇親会の時に簡単にオーバーフローするから気をつけないとダメだよってことを教えてもらう。直したら通ったからつらい
懇親会の企業ブースはジャバ撃墜ゲームをarukukaさんと一緒にやって正解できた。競プロのHackとは少し違ったから新鮮ですごい楽しかった。そのあとYahoo!のところに行って大学のOBに人に挨拶できたのが良かった
終電が20時とかだったので途中で抜けて帰宅した

終わり

結果は最悪で来年リベンジする以外の言葉が見つからないし、頑張りたい。あと来年も参加できたら懇親会に最後まで居たいし3日目も参加したい